FC2ブログ
進撃の巨人・ジョジョをメインに、漫画やアニメの真面目な考察から萌え語りまで
ダイヤモンドは砕けない
2012年03月18日 (日) | 編集 |
ジョジョの奇妙な冒険四部、『ダイヤモンドは砕けない』について語ります。
高尚なものは書けないので、あんまり期待しないでください(汗)
全然まとまっていませんが、愛があればなんとかなると信じてます!!
無駄に長いので、お時間のあるときにでも。

何度か書いたように、四部は私の一番好きな部です。
たぶん、一番読み返してます。

まず、「日常に潜む悪」という設定。
3部の、追いかけられてばかりで息もつけない状態とは違う、身近な感じ。
5部のような、あからさまな殺し合いとは違う、ひっそりとした感じ。

日常っていうのがかなり好きです。

みんなが普通に暮らしている中に、何かが潜んでいるという設定は、波紋やスタンドバトルが多いジョジョシリーズでもちょっと珍しいのでは?
杜王町での生活の中で、ごく自然にスタンドが出てくるところ。また、スタンドが必ずしも戦闘用ではないところ(トニオさんのパール・ジャム、辻彩のシンデレラなど)が、読んでいて他の部より入り込めました。

そして、吉良吉影は、今のところ私の一番好きな悪役です。
なんとなく憎めない。
植物のような平穏な人生を願い、人を殺さずにはいられないという性を持ちながら、杜王町で自分らしく生きようとする吉良は、ヒーローとまではいかないけれど、共感できる部分はありました。

ディオやカーズ、ディアボロいった悪役と違い、彼もまた、人間味にあふれてます。
猫草の話は特に好きです。猫草をなでたり鼻をふさいだりする吉良。

吉良が木の下でサンドイッチを食べているシーンで、「きれいな町だ」みたいなことを言いますよね、女の人の手はさておき。
そこを読むと、川尻浩作になりすましてまでこの町にとどまったのは、単に承太郎や仗助からコソコソ隠れるのが嫌だったという理由だけではないんじゃないかと思われます。
彼は、彼なりに、杜王町を愛していたのではないでしょうか。

4部には、嫌いなキャラというのがほとんどいません。
正しくいうと、最初は「こいつエグイな~」と思うキャラでも、倒されて再登場したときには憎めないやつになっていて、いいかも、なんて思ってしまうのです。
重ちーも、登場したときはがめつくて嫌なやつでしたが、最後爆破されたときは同情せずにはいられませんでした。
由花子も同様に、登場したときはドン引きしましたが、シンデレラの話で好きになりました。
最初に出てきたアンジェロの方が、1~3部の悪役をまだ引き継いでますね。
肝心のボスキャラ吉良には、悪意がない。悪意がないのが邪悪というなら話は別ですが。

そして何より、主人公の東方仗助が非常に魅力的なキャラクターです。
見た目も、最後の方では可愛らしい目の少年になりました。
正義感が強くて、勇気があって、でもやっぱり高校生だから重ちーの話やチンチロリンの回のように、大人げなく行動するところがある。
物を直す、というスタンドは、ホント彼にぴったりです。
3部承太郎が落ち着いて「やれやれだぜ」と物事を解決するのに対し、仗助は慌てふためきながら仲間と協力していきます。
承太郎や花京院は、「本当にお前ら高校生かよ!」と思わせるところがありましたが、仗助は、リーゼントをのぞけば、日本のどこかにいるんじゃないかという期待をもたせるような人物です。
億康や康一とのコンビは最高。噴上や未起隆とのコンビも。

ちなみに、話の中で一番笑ったのは「イタリア料理を食べに行こう」です。
トニオさん私の地元で開業してください。
水だけでいいので飲ませてください。
あの水があったら夜も遊び放題ですよね。
私は食いしん坊なので、食べ物が出てくるとわくわくします。トニオさんの料理、サンジェルマンのカツサンド、仗助たちが食べていた幕の内弁当。よだれズビッ。

時々、ラスト近くの川尻早人の涙の意味を考えます。

川尻浩作本人、つまり父親が吉良に殺されて、いなくなったことを改めて実感しているのか?
川尻吉良と生活したことで、ほんの少しでも吉良を慕う気持ちがあったのか?
何も知らずに、川尻吉良を待ち続ける母親のことを思っての涙か?

「あんた、背のびた?」という川尻しのぶの台詞。あの台詞って深い……。
川尻早人って、短時間のあいだにすごいやつになりましたね。



1部は、「ディオは生きてるの?」と思いながら読み終えました。
2部は、ジョセフの明るさに笑いながら、楽しく読み終えました。
3部は、花京院、アヴドゥル、イギーを失ったことを残念に思いつつも、因縁の戦いが終わったなあという感慨に浸りました。
5部は、ディアボロ一人を倒すにはあまりにも多すぎた犠牲に悲しみを覚え、ジョルノたちの苦難の旅が終わったことに心から安堵しました。むしろ早く終わってくれというくらい、こっちも読んでいて苦しかったです。

けれど4部は、読み終えたときに筆舌しがたい寂しさを感じました。
このままいつまでも、仗助たちと一緒に杜王町の生活に浸っていたい気分でした。

『ダイヤモンドは砕けない』は、これから先、一生手元に置いておきたい部です。

――今まであえて名前を出さなかった岸辺露伴は、私の中で一、二を争うお気に入りキャラなので、別の機会に露伴愛を叫びたいと思います。

読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ジョジョ好きとして今回も楽しく読ませてもらいましたw
なるほど、確かに吉良は純粋な悪じゃないですよね。
4部で純粋なゲス野郎は片桐安十郎(名前の漢字曖昧です)くらいですしね。
後は人間ではないですがネズミもですね。
個人的に音石明(名前の漢字不明です)は結構悪な気がしましたが、思えばあれも受験就活まっぴらでスタンドで楽に暮らしたいって考えればそうでもないのかもしれませんね。

吉良VS猫草で吉良がしのぶを心配した時の感情はなんだったんでしょうね・・
康一君もACT3より2のが強いんじゃないかとも思ったり・・
4部は実質純粋にめちゃくちゃ強いとか反則なスタンドが多く出てきましたよね。

単行本が手元にないので記憶のままにたどって書いてみました。
2012/03/19(月) 03:28:31 | URL | 月下☆美人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
あんなに長いのを読んでくださってありがとうございます!
吉良は、あくまで自分が平穏に暮らしたいだけで、たまたま杜王町に住んでいて、さらに、たまたまそこにスタンド使いが多かったために偶然見つかってしまったというだけなのかな、と考えてみました。
音石は、自分がもっと強くなりたいという私利私欲に走ってましたね。
ジョセフを船で襲おうとしたもの、自分の楽しみを邪魔されたくないから、という理由だった気がします。

吉良VS猫草で、吉良がしのぶを心配したときは、吉良いいやつじゃん!とか思ってしまいました。
早人が気づかなかったら、あのまま川尻家になじんで、たとえそのあと人殺しを続けたとしても、しのぶや早人のことを傷つけることはしなかったのではないでしょうか。
いずれにせよ、早人が大きな鍵を握ってますね。彼が写っていた露伴の写真から、吉良のことが分かったわけですし。
早人にバレないまま、吉良が川尻家で平穏な生活を営むことができたら……。
そうなっていたら第4部完ッ!ですが。

康一君のスタンドも、なかなかのチートですよね(笑)
実質3体ですよ、あんなの。でもACT3はちょっと地味ですね。
音のスタンドにもっと出番があれば面白かったかな。
しかしなんと言っても一番のチートは露……。

上記の内容に関係ないのですが、月下☆美人さんのブログにはときどき遊びに行かせて頂いてます!
いつもコメントとか何も残さなくてすみません。
非常に怠惰なので、楽しく読んでそのまま帰ってしまうんです。
何かの機会にはコメントするかもなので、よろしくお願いします。
では失礼します。

2012/03/19(月) 11:35:55 | URL | えりか #-[ 編集]
はじめまして^^
以前から何度かblog見させて頂いてます

”4部語りする”との事でわくわくして待ってました!
読んでなるほど..確かに吉良って落ち着いた所ありますよね
川尻浩作になりすまして家賃を回収しに来た大家さんを欺くシーンとか..機転の良さ,落ち着き具合は承太郎並みだと思います
どことなく現実に居そうな感じがしたり..
他部のボスキャラとは違った雰囲気な気がしますね

露伴さん好きです
個人的にエニグマ回の噴上裕也は良いです^^
初めは悪質な敵だと思ってましたが,敵キャラから味方に転換..演出がまた憎いですね
露伴と噴上は僕的にtopランクです
噴上回で露伴の名言でましたしねw

と言う感じで楽しく読ませて頂きました^0^
2012/03/19(月) 13:59:46 | URL | tai #-[ 編集]
Re:
はじめまして!
「わくわくして待ってた」とか、嬉しすぎて跳ね回ってもいいですか?
期待に応えられたか分かりませんが、四部愛を語ってみた次第です。

川尻吉良と大家さんのシーン、川尻しのぶと同じように私も「スマートな奴だな~」と思いました。
キラークイーンって、カバンの留め金みたいな小さなものも器用に爆破できるんですね。
他部のボスキャラがいかにもっていう感じの「悪」であるのに対し、吉良吉影は目立たないように生きようとしている人なんですよね。彼の性が邪魔しているというだけで。
スタンドや能力的な強さは他部のボスキャラに及ばないかもしれませんが、吉良にはまた別の魅力があると思います。

露伴好きですか~!嬉しいです。
一言で済ませてしまうと「萌え!」なんですけど、それだけではあまりにも頭が悪いので、いつかちゃんと露伴語りしますね。

噴上に関しては、taiさん同様、悪質な敵だと思ってました。
露伴ちゃんの養分吸い取るところとか、仗助に対しての俺様な態度とか。
ふっとばされたときは、私も新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように爽やかな気分になりました。
仲間になる演出はホント憎いですよね!
そう考えてみると、ああやって噴上が男を上げたことが、私の中のエニグマの少年の株を一層さげてるのかもしれません。

また遊びに来てくださいね~。少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。
コメントありがとうございました☆
2012/03/19(月) 16:45:00 | URL | えりか #-[ 編集]
4部最高ですよね!
はじめまして。
4部は主人公の高校生たちがとにかく大好きです。
いろんな事件も起こりますが、それ以外の日々は町中のカフェでお茶したり、家でゲームやったりしてる普通のマッタリした高校生活を送っている感じがいいです。ジョジョの他の部にはないリアリティというか、生活感というか。
特に仗助と億泰の語尾を伸ばす喋り方が大好きw
あと、未起隆や裕ちゃんも好き。(馬鹿っぽい子はもれなく好き)
露伴ももちろん好き。
あと、地味にジョゼフ爺さんが好き。若いころより、むしろ好きかもw
でも吉良がやっぱ一番好きですかね。変身(?)前の、黒髪の吉良が特に好きです。しのぶちゃんが惚れてしまうのも良くわかりますw
しのぶちゃんが心配しながら、そして早人が泣きながら、吉良の帰りを待っているラストは良かった~!
2012/03/20(火) 21:38:13 | URL | イザク #-[ 編集]
Re: 4部最高ですよね!
はじめまして!
四部は好きなキャラが本当に多いです。
仗助のしゃべり方、いい意味でおバカさんぽくて私も好きです。
仗助が学ラン着たまま夜にテレビゲームやってるシーン、私も「学ランくらい脱げ」と思ったけれど、ゲーム下手なところが可愛いです。

ジョセフは3つの部に出てて、それぞれ違った味がありますよね。
4部ジョセフと仗助のやりとり好きです。
「グレート!マジでこのジジイやばいぜ!」みたいな仗助が面白かったです。

吉良好きですか~。吉良いいですよね!
川尻吉良がバイツァ・ダスト発現して覚醒し、しましま頭になりましたが、あのとき吉良の外見が変わったことに気づきませんでした(笑)
3種類の吉良はどれも好きですね~。

あの川尻家のラストはやっぱり秀逸です。
しのぶさんが吉良に惹かれていく様子は乙女のようで、このまま幸せになってほしいと願わずにはいられませんでした。
色々と考えさせられるシーンです。同時に、私が夕食のおかずに目を引かれたのは秘密です(笑)

四部はほのぼのした話と緊迫した話が絶妙に混じった、何度読んでも飽きない部です!

コメントありがとうございました!
稚拙な文章を読んでいただけて嬉しいです☆
2012/03/21(水) 00:48:30 | URL | えりか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック