FC2ブログ
進撃の巨人・ジョジョをメインに、漫画やアニメの真面目な考察から萌え語りまで
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記④ナポリ編
2014年04月01日 (火) | 編集 |
ナポリ編、町歩きです。

地下鉄に乗って、ドゥオーモからスパッカ・ナポリの散策、ナポリ考古学博物館というルートです。
バスとタクシーを避けたため、海岸の方は回れませんでした。残念。

ナポリは治安の問題上、夕方には戻ってきたかったため予定がゆるゆるでした。
よって、内容も今回はアッサリしてます。

では追記から。
ナポリ3日目
この日も朝ご飯のあと駅へ。
地下鉄の切符売り場を求めとうろうろしたけどよく分からず、近くにいた警備員にイタリア語で尋ねる。
「メトロの切符はどこで買うんですか?」
「下に降りて左に行って4番線だ」
違う!切符をどこで買うか聞いてるんだ!
「たとえばあの売店で買えますか?」
「だから、4番線だ」
分からん奴だなッ!
結局、売店で切符を買って、無事メトロに乗れました。
乗るときに改札はなくて、ホームの入り口にある機会に切符を入れて刻印します。
バレなければ普通に無賃乗車できるけど、バレたら大変。

カヴール駅で下車。

ドゥオーモ。
DSC03621.jpg
中もとても美しい。教会はスペインでもちょこちょこ見てるんですが、やっぱり壁画とか彫刻とかステンドグラスが綺麗ですね。

スパッカ・ナポリは下町で、一応観光地なんですが、普通にナポリの街です。つまり、安全ではないし綺麗でもない笑
DSC03624.jpg
名物の伝統人形通りを歩き、適当な店で1つ購入。
黒い仮面をつけた人形で、私が買ったのはその人形の周りに唐辛子、蹄鉄など縁起の良い物を寄せ集めた作品です。ナポリの特産品なので、来ることがぜひお一つどうぞ。
※写真は少々お待ちください・・・・・・

DSC03626.jpg
忘れたけどどこかの広場。

それから、通りにショーケースを出していたレストランのところでピザを買いました。
行列ができていて、偶然にもガイドブックにも載っていたところでした。
後で見たら、レストラン内で食事するのはそれなりの値段がするみたいでしたが、店頭で買うぶんにはとてもお得。
本格的なマルゲリータピザ1枚を4つ折りにして紙につつんで渡してくれます。近くの広場で食べました。
もちもちでとてもボリューミー。チーズが少なめで、トマトソースもシンプルですが美味しいです。これで1.5ユーロは驚き!

DSC03628.jpg
ナポリ考古学博物館。
考古学博物館では、ポンペイの遺跡から発掘された実物の銅像や壁画を見てきました。
DSC03632.jpg
内装。

DSC03633.jpg

DSC03637.jpg
DSC03640.jpg
DSC03642.jpg
英語は分かるけど説明書きの細部までは理解できないので、雰囲気を楽しむ感じです。

おみやげに、ポンペイの犬の絵のポストカードとマグネットを買いました。

明日のローマ行きの切符を買い、ホテルに戻りました。
ホテルでくつろいでたら、突然鍵をあける音がしてドアが開き、おじいさんが顔をのぞかせました。私たちがぽかんとしてたらそのままドアをしめて、また鍵をかけて去っていきましたが、あれは誰だったんでしょう。
ホテルの人には見えなかったし、時間的にホテルの人が来るとは思えないし。でも合い鍵持ってるし。
謎です。

ごちゃごちゃと騒がしい町ナポリに別れを告げ、いよいよ最終目的地ローマへ向かいます。

*****

ナポリの治安については特に下調べしなかったのですが、鞄はコートの下、街中で地図を開くときは注意する、夜は出歩かない、ということを徹底しました。
実際は特に危険なことはありませんでしたが、本当は海岸の方がまだ治安が良かったようですね。ツアーでもあまり街中を歩くことはしないのだとか。
ホテルをとるなら、中央駅付近は避けた方がストレスがないと思います。

友人には申し訳なかったです。彼女はナポリの雰囲気に終始表情が凍っていました。でもポンペイを満喫するには、ローマからだと遠いのよ・・・・・・ナポリの考古学博物館も併せて見学したかったのよ・・・・・・。

海岸の方の卵城や王宮は回る時間がなかったので、いつかまたナポリはリベンジしたいです。
でもそのときはツアーにでも入ろうかな笑

次は3回にわたってローマ編です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。