FC2ブログ
進撃の巨人・ジョジョをメインに、漫画やアニメの真面目な考察から萌え語りまで
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョ5部 親衛隊
2012年06月03日 (日) | 編集 |
暗殺チームを破り、ディアボロに反旗を翻したジョルノ達。
次に彼らの行く手に立ちふさがったのは、ディアボロの親衛隊でした。

スクアーロ&ティッツァーノ、カルネ、そしてチョコラータ&セッコ。
ドッピオも一応「親衛隊」というくくりに入るのでしょうか。

親衛隊のうち、今日はスクアーロとティッツァーノのコンビについて考えてみます。
また5部の敵側語りかよ、とお思いですか?
私は5部の敵側が好きなのです。お付き合いください(笑)

かなり長いので、お時間のあるときにどうぞ。
登場したスクアーロとティッツァーノ、おそろいのサンダルを履いて、とっても仲良しに見えます。
あのサンダルおそろいですか?
あんまりよく見えないけどおそろい、あるいは非常によく似たデザインだと思います。
頑張ってページめくって足を見ました。
サンダルにこだわるのも愛故に。

そして、初っぱなからあのポーズ。
ちょっと二人、近い近い。
そんなだからホモとか言われるんだ(笑)

彼らはナランチャに標的をしぼり、まずはスクアーロのスタンド「クラッシュ」で攻撃、そのついでにティッツァーノのスタンド「トーキング・ヘッド」をナランチャの舌に仕掛けます。

◎スタンド考察

スクアーロのスタンド「クラッシュ」は、歯のするどい魚の形のスタンドで、水から水へと飛び移りながら移動します。
遠距離操作型なので威力そのものは低いけれど、急所を狙いにいくため、総合的な攻撃力は高そう。
水の中に引きずり込んで窒息死させることも可能。
戦闘部分はすべてスクアーロの担当です。

ティッツァーノのスタンド「トーキング・ヘッド」は、相手に舌にとりついて、本人の意思と真逆の言動をおこなわせるスタンドです。
触手を伸ばして物をつかむこともできる!
だけどジョジョ全体を見たとき、彼のスタンドについては「貧弱!貧弱ゥ!」と言わざるをえません。
スタンドが発現したとき、あんなタコみたいな宇宙人みたいな小っこいのが出てきたら、私だったらがっかりします。

タイマンで自分の身を守れないと言う点では、リゾットの「メタリカ」に類似しますが、「メタリカ」は攻撃することで自分の身を守ることができるので、やっぱりトーキング・ヘッドの方が戦闘にむいてません。

ティッツァーノは普段、情報操作など、戦闘以外で働いていた人なんだと思います。
この重要な場面で戦闘に不向きのティッツァーノがかり出されたということは、本体の知性に期待がかかっていたか、ディアボロの親衛隊が深刻な人手不足であるかのどちらかですね。

ただ、2人はクラッシュの攻撃と同時にトーキング・ヘッドを仕込む、というタイミングばっちりなコンビネーション技を披露しています。
となると、彼らが普段の任務でも一緒に行動していた可能性は大いにあります。

スクアーロとティッツァーノがコンビを組むことのメリットは何でしょうか。
スタンド能力の点から考えてみます。

極端な話、スクアーロ1人だけでも、護衛チームを倒せます。
ブチャラティ達がばらばらになったときを狙って襲えば、簡単。
トーキング・ヘッドによってナランチャが滅茶苦茶な言動をするのは、見ていて面白かったですが、必ずしも必要だったわけじゃないような……。
セッコとチョコラータのゲスコンビの方が、スタンド能力的に相性抜群です。

考えられるのは、ティッツァーノがスクアーロのスタンド能力をあまり信用しておらず、一撃で倒せなかったときのための保険として組んでいる、ということかな。
実際、それが功を奏します。「やっぱりきみの能力が必要だね」みたいなスクアーロの台詞もありました。
トーキング・ヘッドは嘘をつかせる能力ですが、万が一スクアーロが戦闘不能となった場合は、舌を操ってナイフで刺し殺すこともできますね。

まあ、スタンド相性の理由よりは性格の相性の良さで組んでいたと考える方がしっくりします。
そんなわけで彼らの性格を見ていきます。

◎二人の見た目と性格

スクアーロの外見好きですね~。元気そうな雰囲気で。
あと、目の形が好きです。
ティッツァーノに対する「ティッツァ!」という呼び方も好き。ピッツァみたい。

彼は、調子良いときは強気で、風向きが変わるととたんに弱気になるという子です。
イルーゾォもそんな感じだったような。
自分の能力に自信を持っているように思われます。「我がクラッシュ」という言い回しに、その様子が現れていますね。
しかし弱気になると、かなりのマイナス思考になり、戦闘にも影響が出てきます。

そんな局面で彼を励ますためにコンビを組んでるんじゃあないか?というのが、相方のティッツァーノ。

ティッツァーノはロン毛で肌が浅黒い。
女性的な見た目で、いわゆる美形さん。
私の友人は、彼を女性だと思っていたらしいです。スクアーロとあれだけ距離が近ければ無理もない。

性格は冷静。口調はころころ変わります。
スクアーロが強気なときは、落ち度のないよう冷静な言葉を。
スクアーロが取り乱しているときは優しくなだめ、落ち着かせます。
ティッツァーノはスクアーロよりは、任務遂行に真剣な印象ですね。
状況判断能力は抜群。
ギャングとして非常に優秀な人物だと思います。

コンビの仲良し度では、たぶん五部で一番ですね。
最後の最後まで相思相愛でした(仲間的な意味で)。

◎戦闘

クラッシュは強いです。本体スクアーロも、ガス爆発を起こすという機転が利きます。
ティッツァーノのサポートも上手くいっています。
ナランチャが広場にくるまで、2人は圧倒的に優勢でした。

ただ、スクアーロには、自負からくる詰めの甘さがあります。
五部の敵に大体共通するところですが。
ジョルノを捕まえたままうろうろしすぎです。
また、コップの水を手放したことが致命的でした。
普段から水鉄砲を持ち歩くべきだったのです……普段は追加の水などいらないようなチョロイ任務ばかりだったのでしょうか。

そしてティッツァーノに関しては、ナランチャが舌を切り落として歩いてきたところを見ても「なかなかやるな」と笑い飛ばせるくらいの気位を持って欲しかったな~。

しかし、ティッツァーノを失ったあとのスクアーロの覚悟は、大した物だったと思います。
心情を考えると泣ける。本当に。
仲良しコンビであの展開は、身代わりになる方も残された方もツライです。

暗チ語りの時も散々書きましたが、大切なことなのでもう一度書いておきます。

ナランチャのバカーッ!!
そこまでボラボラしなくたっていいじゃない!

二人は、完全にディアボロに対する忠誠心から戦っている、というわけではなさそうなので、リゾット戦のようなやりきれなさが残ります。
ディアボロは人望がないですね、スクティツ然りゲスコンビ然り。


スクアーロとティッツァーノの最期は、五部の戦闘の中でもかなり上位にくる美しさです。
五部はグッとくる戦いが本当に多い。
それぞれが「覚悟」をもってぶつかりあう、甲乙つけがたい戦闘ばかりです。
スクアーロ&ティッツァーノ戦は、敵だと分かっていても応援したくなるような戦いでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かなぶん親衛隊
 えりか様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 おお、スクアーロとティッツァーノ!個人的には、美形なんで5部の悪役の中では結構好きなんですよ~(特に、女性的なティッツァーノが好み)。
 「そんなだからホモとか言われるんだ」…って言うか、彼ら、ホモですよね…?私はそう解釈してましたけど、あれはあくまで仲良しなだけなんでしょうか。そうか…。おそろいのサンダルは気づきませんでした。

 ただ、どっちのスタンドも、あまり直接戦闘に向いてるタイプと思えないんで、何でこんなの(失礼)が親衛隊なの?っていう疑問が浮かびますが…確かに人手不足だったのかも知れませんね!

 そして、明らかに頸動脈を切られ致命傷を負っているのに、ジョルノがいるとは言え、平気な顔をしているナランチャの不死身っぷりに乾杯。

 次のジョジョ記事はカルネ?チョコラータ&セッコ?それともドッピオ?楽しみにしてます!また遊びに来ますね~!
2012/06/03(日) 20:42:17 | URL | かなぶん #-[ 編集]
Re: かなぶんさん
かなぶんさん
「仲良し」というのは少年誌を語る上での建前で、実際は私も彼らはホモだと思ってます(笑)
スクアーロティッツァーノ両方好きです。どっちも美形!
確かおそろいのサンダルだったと思いますが、違ってたらごめんなさい。

直接攻撃という点では、2人とも不得意ですね~
というか、最初持っていた水の入ったコップは無くしたんでしょうか?
ペットボトルくらい持ち歩くべきです!あるいは水鉄砲!

ナランチャには、ホルマジオとリゾットを殺された恨みがあります。
その上、気に入っていたこの2人までボラボラされて、私は怒っています。
ナランチャにしてもミスタにしても、不死身過ぎるキャラは、悪役好きな私の敵です(笑)

楽しみという言葉が一番嬉しいです♪
クオリティを上げることを目標に、これからも頑張ります。
次は3部かな~と考えているのですが、読み返す時間がなかったら、また5部キャラを掘り下げるかもしれません。
コメントありがとうございました~!
2012/06/03(日) 23:04:37 | URL | えりか #-[ 編集]
実は昨日遊びに行った時にジョジョ4部のラストVS吉良と5部を全部読んだんですよ。
・・夜中から寝ずに一晩でw
飲みつつ話しつつ途中途中でしたけどねw

この戦いでのトーキングヘッドに関してはホントに同意ですね。
逆のことしか言わせられないスタンドとか戦闘能力皆無ですし(;´∀`)
スタンド相性的にも組んでる意味はないと思いました。
・・しかしこれ他のマンガ含め嘘の話になると思うんですが・・
なんで嘘と逆のこと言わないのかな~と・・
今回もナランチャがホントのこという事で嘘しか出ないなら、何故嘘を言ってみようと思わなかったのかなと。
実際トーキングヘッドを解除しないとホントのこと言えませんしね(一度だけ解除したってありましたよね)
その解除の手間も考えると、最初から嘘に対して嘘で答えてればもうちょっと何とか・・とも・・
屁理屈ですけどね(;´∀`)

ちなみに最後の「ひるむと・・思うのか・・?」のナランチャがかっこよすぎましたw
地味に破壊力という点ではかなり敵からも高評価のエアロスミスですよねw
2012/06/04(月) 21:50:34 | URL | 月下☆美人 #-[ 編集]
Re: 月下☆美人さん
いつの間にジョジョ一気読みしてたんですか~(笑)
そして、勢いだけで書いた文章に目を通していただきありがとうございます。

トーキングヘッドは戦闘に向いてないという点で、パール・ジャムと同じですね。でも、トーキングヘッドは人の役に立たない分、ずっと残念ですが。
スクアーロと組んでいるのは、やはり性格的相性を重視してのことなんですかね~。
ティッツァーノが自分を犠牲にしてクラッシュに水を与えたのは、スクアーロの凡ミスによるもので、ある意味無駄死にだと思います。

私も、何で嘘をつかないのかなと疑問に思いました!
ナランチャのクサレ脳ミソでは、そこまで思いいたらなかったのか、トーキングヘッドによって真実しか言えなくなってるのか……。

月下さんはナランチャの味方ですか~(;_;)
ナランチャかっこよかったですよ、はい。
でも、スクアーロの
「『クラッシュ』!喰 い破れェェェェ、喉をヲヲヲヲヲオオオ オオオオオオオ!」
の方が、私はグッときました……。
仲良し敵チーム(コンビ)に弱いんですよ~(笑)

コメントありがとうございました~!
2012/06/04(月) 23:08:43 | URL | えりか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。